CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES

Ferrariコラボと言えば



是非メルマガ登録を!



定番使いに



気軽にお買い物



PUMA



とりあえずチェック



フォアグラ〜



キャビア〜



マンゴ!



イタ車好きに外は必須SHOP


YOOX.COM(ユークス)
ここで買える!


MOBILE
qrcode
            
             
<< ちょっと贅沢ワンピ | main | 久しぶりのワカメ >>
LINEに感謝
今や誰もがやっているLINE。
最初Violetは某国が情報収集の為に個人情報を持って行かれるので
LINEを使うのを躊躇していたが、よく考えれば初代iPhoneを某社で契約
した時点でデータセンターが某国にあるので個人情報は全て某国に掴まれて
いるし、LINEも使ってみようかな?とアプリをDL。
最初は自分のアドレス帳に入っている面々がずらりと出てきて超ビビったw
けれど、懐かしい人達と久しぶりにつながって、「元気〜?」とかなったりして、
結構テキトーに楽しむようになっていた。

そしてここんところ、友人とのやり取りの8割がLINEになり、グループがいくつも
作られるようになった。
よい歳したおっちゃん達と共にまるで高校生のように「おはよー」のやり取り
から1日が始まったりw

3月にチビラ3匹をそれぞれの里親さんにお渡しした後、ふとLINEのリストを
見たら、あれ? 里親さん3人様皆さんLINEにいる!!
そしてその3人様をグループに招待して、1号〜3号さんまで近況報告や雑談など
LINEでやり取りするように。
ベルとアンの子供達と常に繋がっている状態で、また皆さんそれぞれが気軽に
話せる環境って素晴らしい。

次にまた生まれたチビラ、2−1号が日曜日に里親さんの元へ。
思った通りLINEのリストに登場(笑)当然グループにご招待。
2−1号のママは高校生のお嬢さん。
それがきっかけで、「ベルアン子ども会」というグループを新たに作って下さった。
なんだか・・・
嬉しくて:;(∩´﹏`∩);:うるうるしてしまった。

Violetは子供がいない。
だけど、メダカも金魚もエビも植物も、何故かVioletが育てるものはどんどん増え、
里親さんに広がって行く不思議。
子供がいないから神様がこういう機会を与えてくださったのかな。
とにかく人に恵まれてるViolet。素敵な里親さんに巡りあわせて下さった神様に感謝。
そして・・・
楽しいLINEに感謝!(笑)
line_a01-1.jpg

因みにVioletお気に入りスタンプは・・・
たま川よしこw
a2753e0d.png

にょろりんぱww
preview.png
| 艶鳥 | 15:12 | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
他人への関心の無さが顕著に現れてる現代社会において、気軽に繋がれることって良いモンですねぇ(^ω^)

俺もLINE入れた時、最初はビビったwww

でも、ウザくなってしまって2日目にはアンインストール←

向いてる人にはとことん便利なツールだけど、俺みたいに向かない人には何やっても向かない(´・ω・`)w
| トラ。 | 2014/05/14 5:37 PM |
>トラ。さん

自分の連絡先に入ってると出ちゃう訳で、出ないようにする事もできたと思いますよ?
Violetも最初は驚きましたが、繋がって都合悪い人なんて連絡先には入ってないし(笑)
けど、Facebookはビビりまくりました。
取引先とか、もうご縁がなくなった仕事関係者とかずらり出て来て変な汗かきましたもんw
| Violet | 2014/05/14 6:38 PM |
うん、確かに設定できたねw
でもそれが面倒臭いって思ってしまってね(´・ω・`)←ダメ人間w

Facebookは匿名じゃない時点でアカウント作る気は微塵もなかったかなぁ^^;
どうも創設期からずっと2ちゃんねるに住んでると、どうしても名無しじゃないと嫌で嫌で(-∀-;)>゙
| トラ。 | 2014/05/14 10:00 PM |
>トラ。さん

Facebookに関しては全く逆の感覚ですね。
リアルに付き合いのある仲間との繋がりだから匿名にする意味が逆に無いし。
だから、アカウント作り直してプライベート専用にしましたけど(笑)
Violetは、匿名なら何でも言える世界がとても怖いです。。
| Violet | 2014/05/14 11:33 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://violet.kanaha.jp/trackback/4135
トラックバック