CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES

Ferrariコラボと言えば



是非メルマガ登録を!



定番使いに



気軽にお買い物



PUMA



とりあえずチェック



フォアグラ〜



キャビア〜



マンゴ!



イタ車好きに外は必須SHOP


YOOX.COM(ユークス)
ここで買える!


MOBILE
qrcode
            
             
<< オールドボーイ | main | 飲み・呑み >>
あなたならどうする?
今回の記事は物凄く重いです。
人によっては気分を害する内容かもしれません。
テンション下がりたくない方、今テンション下がってる方、
動物を溺愛していらっしゃる方は、ご注意下さい。

今週岡山への楽しいツーリングのブログを書いて来ましたが、
実は帰り道で事件がありました。

皆で山陽自動車道を通って帰ってきた時です。
いきなり前の車達が急ブレーキ、急ハンドルで、追い越し車線から走行車線へ。
先頭911、Violetの前はカイエン、それがさっと左に消えた瞬間に前方の視界が目に入る。
1台の白い軽自動車がハザードも付けずに運転席側のドアを開けっ放しで停車していた。
そして1人の女性が右リアあたりでぐったりしているシェパード系の犬を抱き抱え、
さすっていた。

さて、これを読んだ方はまず最初に浮かんだ思いはどうでしょう?
1.なんて危ない!道交法違反も良いところ!追突したらどうするの!
2.犬、どうしたの?はねられたの??

ほとんどの人が1.で、冷静な判断として当然の事なのは、Violetもわかってる。
でも、その時のVioletは2.だったのだった。
車を運転したまま号泣、次のPAまでヨロヨロと走り、皆さんとお話して落ち着いた。
ブレーキの良い車で良かったね!と・・・

がしかし。
女性が犬を抱いていた景色が目に焼き付いて離れず、数日思い出しては涙。
あの犬は自分の犬だろうか。窓から飛び出してしまったのだろうか。
どちらにしても、飼い主の責任。
追い越し車線のど真ん中に車を止めるという大きな多重事故を誘発する可能性の高い、
間違った行動は責められて当然。

それでもVioletはあの時、自分にできることはなかったのかと考え続けた。
ワンコは死んじゃったのだろうか・・・
そうやって悩んでいたら、少しずつ事実がわかってきた。
Violet達の集団の後でそこを通りがかったバイクの人達が手助けしていた。
その方のブログで、犬が発信機付の猟犬だったことが判明した。

そしてtadapiさんがその後の経緯顛末を問い合わせてくださり、
ワンコは生存していて、発信機首輪から飼い主に連絡して引き渡せたと判明。
良かった。本当に良かった。。とこの時は思った。

通りがかりで女性たちを援助したバイクの方々も、とても危険だったことには
違いなく、今回の事が大惨事を招かなかったのは最もの救いだろう。

人それぞれ、突然降り掛かってきた想定の範囲外の事象に対して取る行動は違うと思う。
危険をおかしてでも、犬を助けようとした女性。
速攻で110番したTadapiさん。
その危険さを少しでもカバーしようと発煙筒持って走ったバイクの方。
Violetはただ号泣しただけの超役立たず。

皆さんならば、どういう行動を取りますか?
そしてどういう考えが浮かびますか?

今でも葛藤している。
冷静に正しい行動、というのが取れたら後悔しないのだろうか、と。

更にこの後、Violetに追い打ちのショックが降りかかった。
今回の件で、猟犬について調べてしまったのだ。
猟犬には悲しい結末を迎えている事が多いことを知ってしまった。
猟犬の結末を知ろうと言う勇気のある方は、コチラコチラをご参照下さい。
事故に遭った子のその後を考えるとまた辛くなってしまい、
危険に身を晒しながら救助した女性の気持ちを思うと、胸が張り裂けそうになった。
ある協会の、「狩猟されてる方は犬をパートナーとして大切にしていらっしゃる
方がほとんどです。」という言葉を信じたい。。。

今回の事件、最も最も最も前に遡れば、猟なんかしないでよ!
がVioletの意見。あくまでも個人的な考えです。
趣味で動物を殺し、犬をただの道具にすることは、どうしても賛成できそうにないから。
なんて、高速道路での事件からの、とんだ「とばっちり」かもしれないけど。
(八つ当たり、とも言う)

持って行きどころの無い気持ち。書いてしまった。
重い記事、お許しを。
次は明るい話題に切り替えます。
| 堅い話 | 16:48 | comments(6) | trackbacks(0) |
コメント
初めまして、、心にきます。
同じようなことがあった時にはと思います。
| yamamoto | 2013/02/16 9:09 AM |
咄嗟のときに何ができるか。。。
自分にも自信がありません。
女性が助けなければ犬はそのまま死んでいたでしょうし、バイカーが助けなければ女性が二次事故に巻き込まれていたでしょうし、110番通報がなければバイカーが三次事故に...

咄嗟の行動に自信はありませんが、
とりあえず、高速に乗る前に発炎筒とか表示板とか、教習所通りの点検はしようと思います。
| pekepeke | 2013/02/16 6:12 PM |
>yamamotoさん

何が正しくてどうすべきなのか・・・
正直考えてもわかりません。
本当に難しいですね。。
「そうなってみないとわからない」という超いい加減なのが
事実かもしれません。
| Violet | 2013/02/16 6:37 PM |
>pekepekeさん

おっしゃる通りです。
とっさの時に役に立つのが、日頃の「当たり前の事」でしょうね。
車を点検して乗る、シートベルトをする、スピードを出し過ぎない、
車間距離を保つ・・・
| Violet | 2013/02/16 6:50 PM |
1ヶ月程前にテレビで、
姫路の方で鹿の農産物の食害があまりにも酷くて、
県からハンターに駆除依頼が出てる。ってやってましたね、その関係でしようか?

後、動物と言えば、毛皮も無茶苦茶らしいですね、、

釣りする自分が言える立場ではありませんが<(_ _)>
| 神戸のロータス | 2013/02/16 8:02 PM |
>神戸のロータスさん

動物愛護についても色んな問題が引っ付いて来ますね。

やり過ぎるとどこやらの団体みたいにヒステリックになるし。

確かに釣りもか?!( ̄▽ ̄;
| Violet | 2013/02/16 8:32 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック