CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES

Ferrariコラボと言えば



是非メルマガ登録を!



定番使いに



気軽にお買い物



PUMA



とりあえずチェック



フォアグラ〜



キャビア〜



マンゴ!



イタ車好きに外は必須SHOP


YOOX.COM(ユークス)
ここで買える!


MOBILE
qrcode
            
             
<< カフェ・カフェ・カフェ | main | 蒼い月 >>
V12 Vantage
【お願い】
アストンはどなたでも試乗することはできません。
試乗車も常に用意されている訳ではありません。
「基本的に」「購入を検討中」の方のみとなり、担当の方と何度かお話の上、
試乗のお誘いがされた時のみとなります。
ですので、この記事をご覧になられた方で、試乗ができると判断され、
ディーラーにいきなりお越しになったり、お電話で試乗のお願いをされる
のは、ご遠慮下さいますよう、お願い致します。

アストン君。

試乗のお誘いがDラーさんから来たので、今しか乗れないV12 Vantageを。
で、Violetの超個人的で主観的なインプレを。
もちろん、これが万人の方と同意見ではないと思うし。

以前こっそり工場で見せてもらったこの時も、低く太い官能的な音に
痺れたけど、今度は実際にドライブ。担当さんに車を託され、自由に走る。
さて、どこへ行こうか、アストン君。

まずはコンフォートモードでドライブ。緩やか・静か。外部の音を遮断して、
車内で素敵な音楽を聴いて、ラグジュアリーな時間を過ごせる。
展示車とかに座ると、結構前の先端が全く見えないのが怖いし、真ん中の
コンソールがやたらでかくて、車体の大きさの割に車内空間は狭く感じた
けれど、これが外に出ると全く感覚が違った。
要するに邪魔な景色は何もない。
シートの程よい堅さが心地よく、風切り音も一切しない。

ところがスポーツモードに入れると激変!
3500回転からとんでもなくパワフルに回り出し、雄叫びを上げる。
脚。堅い!でもやたら堅いだけの脚ではなく、車体と速度ハンドリングとの
見事なバランス。高速ワインディングでのグリップ感もまるでいい雪山を
調子よくパラレルで降りてくるような感覚だ。(スキーする人にはわかるはず)
何かに似ている、と思った。
3.8だ!(ポルシェ964 RS 3.8)
あの限りなく薄く・強烈に堅い板の上を滑るような感覚と、思い通りの方向へ
寸分違わず向いてくれるハンドリング、速度を上げれば上げるほどに地面に
しっかりと食らい付く感覚。
RS3.8には空冷独特の機械感があるけれど、その部分を無くした状態だと
言える。
さらにブレーキはポルシェに勝る物は無い!と断言できていたけれど、
この子のブレーキは半端でなく素晴らしいフィーリングだった。
止まりたい時に止まる。それも力加減も思いのままだ。高速からいきなり
踏んでも、助手席の人が前へつんのめる感じが無いのも驚いた。

どっちにしろ、相当運転して面白いには間違いない。
シフトチェンジの感覚は、かちっっとギアを入れている金属感は好き無く、
モデナ以降のフェラーリに近い。
ショートストロークで半クラとか無く、どこでも繋がる楽さ。
軽さ、楽さ、はいわゆる薄っぺらい軽さとはちょっと違う。軽いんだけど、
しっかり踏んでる感じもちゃんとある。
欲を言えば、このシフトの感覚まで、コンフォートとスポーツモードで
明確に変わればいいのに、と思うが十分贅沢。
もっと前も見にくいのかと思ったけれど、見えない癖に何故か長さも幅も
取りやすい。
コンパクトなV8ベースだからだろう。

こんな大きさにV12詰めちゃったら、もう制御利かないとんでもない車
というイメージがあったが、そんな事は無い。
ドイツ車好きでも、イタリア車好きでも、ラグジュアリー好きでも
スポーツ好きでも、満足できる確実な車では・・・?
Violet一押しw 誰か買って下さい。血迷ってぽちっと逝って(爆)
Violet運転の動画は下に。途中面白すぎてついて「うふふふ・・・」と
1人笑ってしまってます( ̄▽ ̄;) 不気味でごめんなさい。。。 
| 艶車 | 14:20 | comments(18) | trackbacks(0) |
コメント
アストンのV12ですか!
高級感とスポーティーがうまくミックスされた車だと思います。

それにしても素晴らしいサウンドですね。
いつもながら素晴らしい車に乗れるVioletさんが羨ましい。
| ハコヒロ | 2010/03/31 3:51 PM |
“Vantage”にV12って。。。(-_-;)

“Vantage”はV8。V12は“Vanquish”じゃあないのぉ^_^;
ま、私にはどうにでもしてくださいってレベルの話です。。

スッテキなんでしょうねえーー(^^♪
| hiro_mb | 2010/03/31 3:53 PM |
>ハコヒロさん

PENのカメラについてるビデオモードでこれだけの音ですから、
実際に聞くとゾクゾクしますよw

ほんとラッキー。幸せです♪
また乗りたいですぅ〜
| Violet | 2010/03/31 4:26 PM |
>hiro_mbさん

V8ボディにV12詰めてみましたぁ〜♪
そしたらパワーありすぎなんで、ブレーキも強化しました〜♪
んで、んで、ボディそこら中カーボンにして軽量化やっちゃいました〜♪

言うのは簡単。
でも、本当に作っちゃった( ̄▽ ̄;)

スッテキですよぉおおおお!
| Violet | 2010/03/31 4:28 PM |
こんにちは
こちらでは動画が(^^)
5号湾岸線ですね、(^^)
音もいいし、たたんたんたんとボディーの剛性感もありそうですね(^^)
| ひろpon | 2010/03/31 4:43 PM |
V12 Vantage、素敵過ぎ。

完全な偏見で言うと、高級英国車=V12のイメージ。遠慮ないゴージャス感がじょんぶるな感じ。

素敵過ぎ。最近のAMは勢いがある気がするなぁ。
| pekepeke | 2010/03/31 6:26 PM |
素晴らしい官能的なエンジンサウンドですね〜。
バイオレットさんの動画も見たいです。
| lobin | 2010/03/31 8:00 PM |
いやぁ〜、いい音だねぇ〜
私も楽しませていただきましたよ、ありがとー♪
思わず笑っちゃった…ってのも、わかるわかる、うん(^o^)

--
通りすがりのwendy
| wendy | 2010/03/31 8:38 PM |
うひょ〜アストン!!(゚o゚;;
図太いサウンドが最高ですね!!
ココで156買ったけど、速攻壊したからアストン貸してくれないだろうなぁ(/ _ ; )
| 遼介 | 2010/03/31 9:07 PM |
「うふふふ・・・」が印象的でした。(^^)
タコメーターって右側ですか?左回りで上がレッドですか?
としたら、めっちゃレーシーですねぇ。素敵です。
| なかむ〜 | 2010/03/31 11:39 PM |
>ひろponさん

V8ボディにV12詰め込んじゃって、さぞやバランス悪いかと思いきや、
剛性感もバランスも素晴らしいです。

ブレーキはポルシェが一番!ですが、これ、良い勝負しますよ。
| Violet | 2010/04/01 12:39 AM |
>pekepekeさん

最近アストンがんばってますよね。
レースの世界でも良い成績残しているみたいだし。

そしてこのオーラ・・・
似合う人になりたいなぁ〜
| Violet | 2010/04/01 12:41 AM |
>lobinさん

本当に鳥肌ものの音です。

Violetの動画って、Violetが動く動画ですか??
結構ありますよ。過去の記事にw
| Violet | 2010/04/01 12:58 AM |
さすがにセレブ

こんな車をどうぞご自由にご試乗をなんて・・・・



僕も試乗してみたいなぁ・・・・



でも買えそうにないので、試乗させてもらえないでしょうね。


してみたいなぁ・・・・呼んでもらえればお伴しましたのに。
| マグナム | 2010/04/01 1:02 AM |
>wendyさん

面白い車、運転して楽しいと、つい笑ってしまうんです。
ずっとニヤニヤしてたりして、立派な「ヘンな女」ですwww

遊園地のアトラクションを楽しんでるのに近いかも( ̄▽ ̄;)
| Violet | 2010/04/01 1:40 AM |
>遼介クン

V12 Vantageの試乗はこの4日間のみで、招待者しかダメだったと思います。
それと、「貸す」は基本無いと思います。
担当さんがちゃんとついて来て下さると思いますよ。
| Violet | 2010/04/01 1:45 AM |
>なかむ〜さん

タコメーター右で、左回り、0は左下になります。
右が5000です。
ダブルを踏むと針が踊るのがこれまた気持ちがいいんですよねw

ほとんどオタクの世界・・・( ̄▽ ̄;)
| Violet | 2010/04/01 1:48 AM |
>マグナムさん

何をおっしゃる。。。。

では次はDBSの試乗に円蔵さんでお邪魔しますか♪
| Violet | 2010/04/01 1:50 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://violet.kanaha.jp/trackback/2075
トラックバック